病院・介護施設・薬局探しなら

メニュー

  1. メディサポWEB ホーム
  2. 第6の味覚!「脂肪味」
2019.07.08

第6の味覚!「脂肪味」

梅雨もそろそろ終盤となり、暑い記事が近づいてきましたね。
となると多くの方が気にするのが「体型」。
やはり夏が一番「ダイエットをがんばろうと思う季節だそうです。

そんなダイエッターさん必見のニュースを先日目にしましたので紹介したいと思います。

 

食べ物を食べた時に「酸っぱい」「甘い」などの味を感じますよね。
これは口の中にある「味蕾」と呼ばれる細胞の集合体によって感知して私たちは味を感じています。
今までこの味覚は5つの種類があると言われていました。
・甘味
・塩味
・酸味
・苦味
・旨味
しかし近年、第6の味覚があることが研究でわかりました。
それが「脂肪味」です。(2018年特定)

ただし、現代社会では加工肉やスナック菓子、ケーキ類など脂質を多く含む食べ物は身の回りにあふれていて
それらを食べ続けると、脂肪に対しての味覚が鈍くなってしまうそうです。
脂肪味が鈍くなり、慣れてしまうとさらに食べ過ぎてしまう→肥満傾向のおそれもあるとのこと。

とあるテレビ番組での実験では、この脂肪味を全く感じない・わからないと答えた方もいました。
感じないから知らず知らずのうちに脂質をたくさんとってしまうということに・・。

しかし「味蕾」は10日ほどで生まれ変わるそうなんです!
そのため意識的に食生活を変えることで改善することもできるようです。
例えば・・・
・揚げもの→焼きもの、蒸しもの
・赤身肉、鶏胸肉を選ぶ
・ケーキ類→和菓子など

気になる方は一度、食生活を見直してみても良いかもしれません。
無意識に脂質の高い食べ物を選んでいる場合は要注意かも・・?

また食べ過ぎとは逆に栄養・カロリーが足りていない場合も鈍くなってしまうそうです。
やはり、野菜・お肉・魚・乳製品・海藻などいろんな食品をバランスよく食べて
きちんと食事をとることが健康への近道だと思います。

体型が気になる方も、そうでない方も「脂肪味」を意識してみてはいかがでしょうか。

PAGE TOP

メニュー