病院・介護施設・薬局探しなら

メニュー

  1. メディサポWEB ホーム
  2. ビジネスを通じた社会貢献〜三重ビジネス倶楽部〜
2019.09.10

ビジネスを通じた社会貢献〜三重ビジネス倶楽部〜

 三重県内の企業を応援する「三重ビジネス倶楽部」。
こちらでは活動の中で寄付をつのり、地域の子どもたちの成長を支援する取り組みを行われています。

 

先日、三重県立子ども心身発達支援センターにて、贈呈式が行われましたので取材に行ってきました。

 

ビジネスを通じた社会貢献〜三重ビジネス倶楽部〜

三重ビジネス倶楽部とは…
 異業種間のビジネスを応援する会。
 会員間の良き人脈形成の場を提供し、情報交換・販売協力・支援・提携等のビジネスチャンスを拡げ、交流会を図る場として毎月月例会を開催。
 会員同士のビジネス拡大の活動の中、企業は社会の一部であるというコンセプトに基づき社会貢献事業にも力を入れる。
 ◾️子ども支援 孤児・障がい児など子どもたちの成長を支援
 ◾️こども社長塾 三重ビジネス倶楽部による、出前講座

今回はその中の「子ども支援」の活動について取材しました。

三重ビジネス倶楽部では、会員間で発生したビジネスの利益の一部を好意の上、寄付金として集めているそうです。倶楽部ではそれを「おかげさまBOX」と呼ばれているとのこと。

集めたお金を用いて、障がいや発達に課題のある子どもを支援される三重県立子ども心身発達医療センター様に知育やスポーツ用品などを寄贈されました。
カルタやLEGOブロック、フットサルのゴールなど様々な玩具計17点をお持ちされたそうです。
実はこれらは、全て事前に三重県立子ども心身発達医療センター様から要望を伺い、ご用意されたそうです。

昨年は玉城わかば学園さんに寄贈させてもらいました。そのときも要望を伺った物をご用意したのですがとても喜んでもらったことが印象的で、本当に必要なもの・欲しいものをお渡ししたいと思い今年も希望もお伺いさせていただきました。

 

贈呈式では、こちらの5名の方が参加され、用意した玩具の贈呈が行われました。

三重県立子ども心身発達医療センター
発達総合支援部 部長 山下 亨さん
管理部総務課企画課 副参事兼課長 岡村 益幸さん

 

三重県立子ども心身発達医療センターでは、体の不自由・精神疾患などを抱えた子どもたちの支援を行なっています。それぞれさまざまなハンディキャップがあり、不登校や集団行動が上手くできず、支援を行い、やっとここで集団で遊ぶということを知る子も多くいます。できれば地域の子どもたちと同じような経験をさせてあげたいという想いがあり、そこでこのような寄贈をいただけることは大変ありがたいです。子どもたちにとっても、このように自分たちを応援してくれている大人の存在が大きな喜びそして自信にもつながると思います。

三重ビジネス倶楽部会員

代表世話人  藤原 卓也さん
副代表世話人 柴原 藤光さん
世話人    村林 秀浩さん

子どもたちに喜んでもらえることが我々のやりがいにも繋がっています。まだまだ会員も30社ばかりと少ないのですが、今後は倶楽部の取り組みをより大きくし、社会貢献も継続したいと考えています。何か協力できること、応援できることがあれば積極的に行いたいと思っていますので何かあれば遠慮なく行ってもらえればと思います。たくさん遊べるものを用意しましたので、目一杯楽しんで子どたちが明るく育ってくれることを祈ります。

贈呈式、他にもマスコミの方がいらっしゃり取材をされていました。
発生したビジネスによって企業だけではなく、地域にも利益をもたらすという素晴らしい仕組みだと思いました。
三重ビジネス倶楽部様では、随時会員を募集しているそうです。ご興味のある方はぜひお問い合わせをしてみてください。

三重ビジネス倶楽部事務局
http://mie-bc.jp/
TEL 090-3257-4434
FAX 059-253-3548

 

 

 

PAGE TOP

メニュー